ハロウィンの由来って知ってる?知らなきゃ恥ずかしいハロウィンの話

「トリック・オア・トリート!」という掛け声と共に、子どもたちが各家々を回って、お菓子をもらう欧米のイベント、ハロウィン。

日本では、かなり独自の進化を遂げて、子どもよりも大人が楽しい「コスプレイベント」と化しつつありますが、本当のハロウィンの意味をアナタはご存知でしょうか?

今回は、知らないと恥ずかしいハロウィンの由来をご紹介したいと思います!

ハロウィンはもともとヨーロッパ版の”お盆”だった!?

現在では、さまざまな国で行われるようになったハロウィンですが、もともとの発祥は古代ケルト人が行っていた収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教行事でした。

わかりやすく言うと、日本のお盆と同じ感覚です。

日本でも、祖先の霊が家族を訪ねて来ますが、もともとのハロウィンでも、死んだ家族の霊が生きている家族に会いに来ると考えられていました。

このハロウィンが行われる10月31日は、ケルト人にとって夏の終わりを意味し、冬の始まりを告げる大事な1年の締めくくりの日でもありました。この大切な日に祖先の霊が家族に会いに来ると考えられていたのですが、実は祖先の霊と同じく邪悪な精霊や魔女も訪れると考えられており、もともとのケルト人のお祭りでは仮面をかぶり、魔除けの焚き火を焚いていました。

そう、この「仮面をかぶる」という部分が、現在のハロウィンと深く関係しているのです。

ジャック・オー・ランタンはもともとは「カブ」だった!?

カボチャじゃなくてカブ!?

カボチャじゃなくてカブ!?

ハロウィンの時期はカブもおいしい季節ですね♪

西洋かぼちゃを繰り抜いて出来る、ジャック・オー・ランタンは、もともとカブを使って作っていたってご存知でしたか?

まだアメリカ大陸が発見されていなかった時代には、かぼちゃというものが無く、そのため人々はカブを繰り抜いてジャック・オー・ランタンを作っていました。

そして、その繰り抜いたカブの中に、今と同じように蝋燭を立てていました。この風習が、後にかぼちゃを繰り抜いてジャック・オー・ランタンを作るう風習へと変化し、今のようなハロウィンのスタイルと成ったのでした。

ハロウィンに出てくる「ジャック・オー・ランタン」って何?

昔は、カブを使って作られていたジャック・オー・ランタン。ハロウィンの目玉とも言えるマスコット的な存在ですが、アナタはジャック・オー・ランタンってなんだかご存知でしょうか?

ゲームなどにも登場するこのジャック・オー・ランタンですが、天国にも地獄にも行けずにさまよい続ける幽霊のことなんだそうです!

スコットランドに伝わる、さまよい続ける幽霊

ハロウィンのマスコットキャラクター、ジャック・オー・ランタンですが、もともとは酒好きなろくでなしの男だったってご存知でしたか?

スコットランドに伝わるジャック・オー・ランタンの伝説は、諸説ありますが、代表的なものは以下のとおりです。

【ジャック・オー・ランタンの伝説】
昔々、あるところにお酒が大好きなろくでなしの男、ジャックがいました。
ジャックは、毎日酒を浴びるように飲み、ずる賢い男として有名でした。
そんなジャックにあるハロウィンの夜、魂を奪いに来た悪魔が訪れます。本当ならば、悪魔に魂を奪われて死んでしまうはずだったジャックでしたが、悪知恵を使って悪魔を騙し、10年間ジャックの魂を悪魔がとらないことを約束させ、追い払ってしまいます。

悪魔は10年間、ジャックの約束を守って、ジャックの魂をとらずにいました。

そしてその10年後再びジャックの前に悪魔が訪れます。
しかし、ジャックは再び悪魔をうまく騙して、今度はジャックの魂を永遠にとらせないことを約束させて追い払ってしまいます!

悪魔よりもずる賢いジャックでしたが、寿命には勝てませんでした。

寿命を全うし、ジャックはこの世を旅立ち、さあ天国へ……と思ったら、ジャックは生きている間の行いが悪すぎて天国に行くことが出来ません。

それは困ったぞと、今度はジャックは地獄へと向かうのですが、ここでジャックに騙された悪魔がいて「ジャックの魂は永遠に奪わないと約束したから」という理由で、ジャックは地獄にすら入れません。

もはや、天国にも地獄にも行き場所がなくなったジャックは、永遠にこの世でさまよい続けるしかなくなったのでした。

そして、ジャックは落ちていたカブを繰り抜いて、その中に悪魔にもらった火を入れて、永遠にさまよい続けるのでしたとさ……。

とまあ、現在かぼちゃのジャック・オー・ランタンに蝋燭の火を灯すのは、このジャックの物語が由来なのです。

ケルト人のお盆とジャック・オー・ランタンの伝説が合体して、現在のハロウィンが生まれた!

実は、ハロウィンとジャック・オー・ランタンは、もともと別々の行事だったのですが、いつの頃からかハロウィンとジャック・オー・ランタンの伝説は、ごっちゃになってしまい、今のようなハロウィンの形になったとされています。

ちなみに、現在のかぼちゃに蝋燭を立てる風習は、「ジャック・オー・ランタンと呼び、善霊を引き寄せ、悪霊を遠ざける効果がある」と信じられており、スコットランドの伝説からかなり変化しているのです。

余談ですが、今でもジャック・オー・ランタンの伝説発祥の地である、スコットランドではカブを使って、ジャック・オー・ランタンを作るんだそうです。

また、国によってハロウィンには、違いがあるので気になる人は自分で調べて見ると面白いかも知れませんよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連する記事

2016年ハロウィンのトレンド仮装を大胆予想!今年のハロウィンは日本全国に飛び火する…

年々、その勢いを増していくハロウィン。 さまざまなテーマパークでも、ハロウィンに関するイベントを行っているだ…

tocky / 1088 view

ハロウィンでハリーポッターになりきろう!ハリーポッターの呪文一覧

ハロウィンの仮装の中でも、特にハリーポッターの仮装は人気です。USJでハリーポッターの世界を再現したアトラク…

macha / 653 view

ハロウィンそれともハロウィーン?

今さら聞けないハロウィンの由来。そしてちょっと気になるハロウィンorハロウィーンはどっちが正しい?

macha / 760 view

今年のハロウィンどうする?可愛過ぎる子供向け仮装コスチューム【2016年】

10月31日はハロウィンの日です! 年々盛り上がりをみせるハロウィンですが、 毎年お子様向けの仮装コスチ…

tocky / 1584 view

ハリーポッターの仮装をより本格的にする3つのアイテムとは?

年々、その人気が加速度的に高まっているハロウィンの仮装。最近では、定番の魔女やドラキュラなどの仮装じゃ物足り…

tocky / 758 view

マンネリ打破!今年は一味違う『ハリーポッター』のコスプレを

日本だけでなく、世界も魅了した魔法の世界を描く『ハリーポッター』。日本ではUSJで専用のアトラクションが出来…

macha / 1397 view

tocky

女の子のためのトレンド情報を発信していきます。
よろしくお願いします♪